オンラインカジノ摘発ドットコム|オンラインカジノの違法性

オンラインカジノ摘発.com

オンラインカジノ摘発.com < 違法性

オンラインカジノの法律

 オンラインカジノが違法であることは最初に書いているので違法であることは理解出来てると思います。

 しかし、違法であっても逮捕されることがないのでパチンコ店同様に日本で当たり前に遊戯できる新しいタイプのギャンブルになるのです。

 パチンコが違法賭博であるのに日本で当たり前に営業しているのですが、違法行為なのに、何故パチンコで遊んでも逮捕されることがないのかなど、その法律的なことを知ってて遊戯している人も少ないのではないでしょうか?
 パチンコは既に当たり前にありすぎて、違法賭博でることを忘れてる人も多いので今更法律的なことを知る必要もない気もするのですが、一応軽く説明すると、パチンコ店は、パチンコ屋さん、景品交換所、景品問屋の3店を経由して景品とお金のやり取りをしています。

 要するにお客さんはパチンコで勝ったら景品を貰い、その景品を景品交換所(質屋)で売る、景品交換所は景品問屋にお客さんから仕入れた景品を売る、景品問屋は景品をパチンコ店に売る。

 この様な流れで、パチンコ店とお客さんは直接金銭のやり取りをしていないことで法律的に賭博にならないように法の抜け道を使い運営されているのです。

 他にも風営法やゲーム賭博にならないようにお客さん自ら玉の強さを調整したり、ボタンを押してリールを止めるなど、賭博罪にならないように機械を設計しているなど細かい配慮がされてお客さんが逮捕されないように法の抜け道を使い運営されているのです。

 一方オンラインカジノの場合は、海外のカジノが合法な国で運営され胴元が国際法により合法的に運営しているので日本の法律の及ぶところでない所で運営されているので逮捕されることがないように法の抜け道を使い運営されているのです。

賭博罪について

 オンラインカジノをプレーするのに直接的に関わる法律は賭博罪になります。

 この賭博罪と言うのは穴が多い法律で立件するのが難しい法律なので抜け道も多く違法であっても逮捕されるまで証拠をそろえるのが困難な法律です。

 オンラインカジノの場合は罪に問われない利用方法での前提条件は胴元が海外のカジノが合法な国で開帳され、サーバーもカジノが合法な国に設置されていることが絶対条件です。

 日本で海外のオンラインカジノで遊んだ場合は日本国内で賭博をしているあなたは賭博罪に抵触しています。

 しかし、胴元は合法的に運営されているので法律的には何の罪にも問えません。

 賭博罪は胴元と博徒の2者を揃えて金銭のやり取りを証明したり賭博をしていた証拠を固めないと罪には問えません。
 日本でカジノをプレーしも胴元が海外の合法的に運営されてるカジノの場合は胴元と博徒の2者を揃えて捕まえることが出来ずに賭博罪は成立しないので、日本で海外のオンラインカジノでプレーしても賭博罪で起訴することが出来ないので違法であっても逮捕することが出来ないのでパチンコ同様、オンラインカジノも安全に遊ぶことが出来るのです。

 もちろん、当サイトで紹介しているオンラインカジノのハウスは全て海外で運営され海外にサーバーのある国際法により合法的に運営されているハウスしか紹介していません

 そして更に海外のオンラインカジノで使うお金は全て海外で決算をするために海外の金融機関を利用して、お金も海外の銀行を通じて合法的に決算をすればより安全になります。

 法律的には海外のオンラインカジノで海外で決算をして罪に問えない状況で遊ぶことを前提にすれば安全に楽しめるのですが、オンラインカジノで不安な部分は法律的な事だけではなく、もっと根本的にオンラインカジノってイカサマで絶対勝てないようになってるんじゃないの?

 当然の疑問になるオンラインカジノはイカサマじゃないのか?って疑問について次のページで説明します。
次のページ・・・イカサマについて

オンラインカジノ摘発.com

Copyright (C) 2018~ オンラインカジノ摘発ドットコム All Rights Reserved.