オンラインカジノの摘発

オンラインカジノ摘発

オンラインカジノの摘発などゲーム賭博やスポーツ賭博で摘発される事件など
新聞やニュースでよく見かけますが、現在大流行しているオンラインカジノは大丈夫なのか?

ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー

Top = オンラインカジノ摘発

オンラインカジノは違法賭博?

オンラインカジノが最近では大流行していますが、日本でカジノが解禁されるのは2020年です。

オンラインカジノが大流行しているので、既にオンラインカジノは解禁されているのか?

カジノ自体がまだ日本では違法なのですが、オンラインカジノは合法となっているのか?

実はオンラインカジノが大流行していますが、日本の法律では、オンラインカジノはまだまだ違法賭博になります。

しかし、大流行しているので多くの人が利用して逮捕されたってことは殆ど聞きません。

と、言うのも、オンラインカジノ自体は違法なのですが、日本の法律では取り締まる手立てがないので、違法だけど逮捕されない状態になっています。

これは、パチンコでも言えることで、パチンコも公営ギャンブルではなく、日本の法律的には違法賭博になります。

しかし、換金方法や風営法などにより逮捕されずに運営でき、遊戯できるのです。

違法賭博

オンラインカジノやパチンコが違法賭博なのに逮捕されないのは、賭博罪と言う法律が少々抜け道が多い法律で、違法だけど逮捕するのに必要な条件が多いのでその条件を満たさないように運営すれば逮捕には至らないのです。

パチンコの場合は三店方式という換金方法でお店が客に直接配当を支払わないように運営されているので逮捕されることがないのです。

一方、オンラインカジノは、運営側が海外のカジノが法的に合法な国で運営され、インターネットのサーバーもカジノが合法な国に設置されています。

賭博は1人では出来ないことなので、賭博罪胴元(お店)と博徒(客)を同時に検挙しなければ成立しない罪です。

客が日本で賭けをしても、お店が海外で合法的に運営されているので、日本の法律では検挙できません。

胴元と博徒の2者を揃えて捕まえることが不可能なので、オンラインカジノは違法だけど逮捕されることがないのです。

オンラインカジノの摘発

オンラインカジノで遊んでも基本的には逮捕されることがないのですが、稀に新聞やニュースでオンラインカジノ店摘発、オンラインカジノで逮捕など聞いたことがある人もおられると思います。

最近では、某球団の野球選手数名が野球賭博で逮捕されたり、某メジャーリーグの投手の弟が野球賭博で逮捕されたり

ポーカーロボットを開発してそれを使い賭博行為をして逮捕など、様々なケースで摘発される事件がありました。

それら全ては、大前提の胴元と博徒が日本国内にいて、日本国内で賭けをして、日本国内で決算をしているので、賭博罪が適用され摘発されたのです。

オンラインカジノで安全に遊ぶには必ず胴元が海外のカジノが合法な国でサーバーも当然カジノが合法な国にされてることが重要なのです。

稀に安全なオンラインカジノを使い、客を集めて日本国内でオンラインカジノで使ったお金を日本国内で集めて、配当もその場で現金で決算しているインターネットカジノカフェ・インカジなど呼ばれる意味不明な違法カジノがあります。

安全なオンラインカジノを使い、日本国内で客を集めてその場で決算する。

競馬で言うノミ屋のようなお店がありますが、胴元が海外にあるのに、日本でノミ行為をして自ら日本国内で胴元となり逮捕される条件をワザワザ揃える意味不明なことをしているインカジと言われるお店も存在するので注意して下さい。

オンラインカジノ摘発などはこれら特殊な方法で運営しているインカジのことです。

オンラインカジノは海外で各国政府の公認のライセンスを取得しているお店であれば日本の法律は適用されないのでオンラインカジノを選ぶ時はライセンスなどを確認して遊ぶようにしましょう。

尚、ここで紹介しているオンラインカジノは全てライセンスを取得しているオンラインカジノで私が全て何度かプレーして安全確認済みのオンラインカジノなので、初心者のうちは自分で適当に探さずに、ここで紹介しているオンラインカジノでのみ遊んで下さい。

全てのオンラインカジノが安全なのかは保障出来ません、少なくともここで紹介しているオンラインカジノは安全なのでワザワザ危険を犯すようなことはせず、安全に遊んで下さい。
次のページへ・・・オンラインカジノはイカサマ
ライブカジノ スロット カジノゲーム スポーツ メニュー
Copyright (C) 2016〜 ネットカジノ摘発ドットコム All Rights Reserved.